coma-goma

アロマとコスモとローフードのノマドサロン
coma-goma from 生駒△奈良
イベントなどへローフードとプチマッサージお届けします
生喫茶や&MARKETなどいろんなイベントときどき開催◯
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< MILANOふたたび◎ | main | ◯180°SOUTH &MARKET in 東大阪GREEN FESTAのお知らせ◯ >>
# つづき・パリ編◎


帰国前夜。

明日は4時に起きないと・・・と思うと眠れず

前回のミラノにつづき台北で深夜のパリ編執筆◎

最後に行ったのは5年前くらいかと思っていたけれど

前回は帰りに中国へ寄ったら

四川大地震が起こった時だったな・・・ということは

2008年のことのようですので、なんともう7年ぶり。

Oberkamph近くで安かったので借りたアパートは

確認してなかった私が悪いけど

なんとエレベーター無しの6階(日本の7階)・・・

日本出国時に既に預け荷物23kgに達していたのに

ミラノで無謀にも穀類やその他諸々を買い込んでしまい

重量感を増したスーツケースとバックパックを連れて

やっと到達した最上階の部屋が

スーツケースを開けるのがやっとな

小公女的屋根裏部屋サイズ牢獄風だった時の気持ちと言ったら。

その泣きそうなタイミングで

手持ちのWi-fi機器が使用不能になり

パリのあちこちで飛んでいるFree Wi-fiは弱くて使い物にならず

通信難民に。

そう、パリはいつでも私に冷たいのです。

とりあえず電波を求めご近所のカフェFOLKS&SPARROWSへ。



オシャレ=パリっぽくない=外国人好みなお店です。

野菜とフルーツのジュースもあるし

ベジタリアンサンドもあるし

そして速いWi-fiもあります。

バゲットサンド食べたの久々でした。



こちらもアパートから近い場所、Bob's juice bar。

その名の通りジュースのお店。

コールドプレスジュースやグリーンスムージーや

ヴィーガンプロテインシェイクなどなど。



お店のカウンターで弱った私の心をなぐさめてくれる

リアル・ジンジャーマン。



少しエリアが変わってマレの方にはBob's Kitchenもあります。

お店の人気メニューらしき"MAKI"と呼ばれていた巻き寿司。

隣の席の女の子が「すっごくおいしいから大好き!」と

えらい興奮してましたが

日本在住の私としては

日本の普通の巻き寿司の方がレベル高いかなと思います。

ここはフランス。



イタリアで芽生えた穀物への愛をここでも引きずっている。

パリでは玄米使いのものが多いなと思いました。



フランスっぽくないお店ばっかり行ってますが

こちらのアパートからほど近いサンマルタンあたり。

ローフードやスーパーフード推しのお店Sol Semilla。

こんなに食物配置密度の濃いプレートははじめてかも。



大好きなBon Marcheデパートの食料品売り場

GRAND EPICERIE PARISに売ってたFRENCH DETOX。

ジュースはどこのスーパーでもけっこう充実してました。



雨のち晴れ。

ずっとお天気は雨と曇りとちょっとだけ晴れ、の繰り返し。

だけどミラノで雨を恐れて買った傘は一度も使わずに済みました。



お惣菜、短い滞在期間でいつ食べるのかと思うけど

つい買ってしまう。

アーティチョーク最高です。



その昔住んでいたところの近く、

よく食べていたファラフェル屋さんに行ったら

なんとユダヤの新年でお休み!

3/365日の確率・・・

この上手く行かなさもまたパリ。



くやしいけれど、なぜか新年でも休んでいなかった

向かいにあるお店のファラフェル買いました。

私としてはなんだかパンが違う気がして納得いかないけど

久々の特大ファラフェル、うれしい。

ついでに元・私の部屋があった建物を見に行ったら

1階にあった同じ階の中国人一家がやってたレストラン

空き物件になってました。



番外編。

パリの仕事先はミラノよりどこかオシャレ。

パフォーマンスで不思議な色のアイスつくって配ってました。



パリが冷たすぎる

または私の運気が落ち込みすぎている。

確認が甘いまま信号無視して歩いてたら

バイクのおっちゃんに「ちゃんと見とけや!」って怒鳴られ

(弱ってるのでどうか怒鳴らず普通にお願いします)

なぜか間違った切符を買ってたらしく

メトロのコントロールで捕まって罰金・・・

パリで負け惜しみの文句を言って無視される

大阪のおばちゃん・・・誰か手を差しのべてください。

そんなこんなで疲れきってパリではマッサージを予約しました。

SPA DANS LE NOIRという暗闇の中で受けるマッサージ。

セラピストは目が不自由な人たち。

アジアと違って優しめのマッサージ、

その時の私にはとっても響きました。(寝てたけど)

アジアでよくある"盲人按摩"を

こんな風にクールに高級な感じにしてるの

セラピストさんのお給料は知らないけど

高い料金設定にして彼女たちがたくさん稼げているなら

なかなかいいなあと思いました。



その昔カップがかわいくてよく買っていたヨーグルトMALO。

前はオーガニックのなんてあったかな?



気になるスナックを見たら買わずにはいられない病。

フランス製RAWケールチップス。



気になるジャイアントコーンを見ても買わずにはいられない病。

これに至ってはMade in スペインでしたが・・・

この際もうEU圏だしOK。

今回の滞在中は数年前に大阪からパリへ渡ったYURIさんが

パリ生活を満喫してるのを確認できてうれしかったり

昔アパート探し中に部屋の間借りをさせてもらってたマダムも

退職後の生活を満喫してるのを確認できうれしかったり

ほんの少しの滞在だったけど大満足。

いろいろ冷たいしいろいろ不便だけど大満足。

そして冷たくて不便だけどなぜかどこか落ち着く。

日本語が聞こえなくて誰も私のことなんて目に入っていない

いろんなことからフリーな状況がきっと私は心地よいのです。

また来たいしもっと長くいたいし

実現できるようにあの手この手を使おうと思います。



最後にオマケのAIR FRANCEのベジ機内食。

乳製品使ってない?って思うような濃厚なごはん。

ROCKY兇鬟ぅ泪ぅ遡ノ呂理解できないままに鑑賞しながら日本へ。

帰国後乗った◯◯電車の空いててガラガラの車内で

携帯電話で実家に電話をかけたら1秒で車掌さんが飛んで来ました。

注意しないと誰かに怒られるのかもしれないけど

もっと自由に生きたらいいのに日本男児。

飛んでくるなら携帯電話注意するとこより

重いスーツケース運び込むの手伝うとこなのでは・・・

とかなんとかブツブツ・・・

20歳でわけもわからずとりあえずパリに身を寄せた女子は

こんな文句の多い三十路中盤女になりました。

ここから一旦お家へ帰って次の日に台北へ来ることになります。

もうすぐ起床目標時間の4:00。

さて、帰る準備◯
 
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ  にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
| comments(0) | trackbacks(0) | 04:58 | category: |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://comagoma-blog.jugem.jp/trackback/342
トラックバック
Selected Entry
Recommend
Havana Style (Icons)
Havana Style (Icons) (JUGEMレビュー »)
Christiane Reiter,Angelika Taschen
Recommend
Profile
Comments
Mobile
qrcode
follow me on twitter
にほんブログ村
live earth
think the earth
Search this site
Sponsored Links