coma-goma

アロマとコスモとローフードのノマドサロン
coma-goma from 生駒△奈良
イベントなどへローフードとプチマッサージお届けします
生喫茶や&MARKETなどいろんなイベントときどき開催◯
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新年◎生(RAW)喫茶コマゴマ〜天満店〜のお知らせ | main | 生(RAW)喫茶コマゴマ〜天満店〜ありがとうございました >>
# 年越しシンガポール日記


ベタな写真で失礼いたします。

個人的に特に興味はなかったんですが

なぜか昨年末と今年のはじめはシンガポールにいました。

今日のブログは宣伝0%でシンガポール日記。

だいたい「コレ食べました」の羅列ですので注意、

ご興味無い方は読み飛ばしてくださいませ◎



年の終わりに1年間の数々の怠けや遅刻の罰でも下ったのでしょうか

機内食のベジタリアンリクエストが通ってなかったらしく

(絶対に絶対に電話でオーダーした記憶あります!)

CAさんに苦し紛れのこちらを恵んでもらうところから旅はスタート。

ひさびさのカップ麺テイスト。



イメージも期待も持たずに行ったシンガポールは

雨季で想像よりも暑くなくてちょうど良い感じ。



インド・中国・マレー、いろんな民族の人が混ざり合ってて

西洋人もけっこう住んでるので

菜食もそれぞれの文化のがいろいろ揃ってる印象。



そんな中で数店舗お店があってけっこう幅きかせてそうな

real foodっていうお店に行きました。

ナチュラルで茶色めのお店。



ジュースも種類がたくさんあって充実。

お隣のショップには食材とかジューサーも置いてます。



完全菜食ではないけれどvegan表記があって親切。



こういうアジアっぽいメニューもあるところに中華の香り。



そしてシンガポールはパンが美味しいという事実も発覚。



そしてそしてローフードのデザートもあります。

円安も影響してなんでも高いなあ、って思いましたが

ここがあればとりあえずシンガポールで生きていけそう。

そんな安定感の感じられるお店。



大晦日の日に植物園に行きました。



すべてのパーツが巨大な草木が生い茂っているけど

小綺麗に整備されてます。



整備されてるけどこういう方々もフリーでいてはります。

ここに無料で入れるなんて優しいね。



その植物園方面にあるローフード臭のするスポット

とってもキレイめLiving Cafe & Deli

real foodよりもローフードメニューに力入れてはりますが

加熱メニューやチキンとかサーモンのメニューも。



この日のシェフのおすすめ。

RAWファラフェル、スパイスが程良くて美味。

この国のグリーンは概して肉厚だと思いました。



デザートの種類も物凄かったけど

デザートよりごはんの方が私の舌のお気に召しました。



バンコク以来で生ココナッツジュース飲みまくれたのも

うれしかったです。



ここも併設のショップにいろいろ健康系グッズが売っていて

ちょうどericoさんのお料理教室で話題に上ってたのを思い出し

物欲が何ひとつ刺激されないシンガポールで

なぜかシンガポール製でもないpHバランスチェックシートを買う私。

日本人が握る寿司と近所の行列してたチョコレートバーみたいなお店で

お腹をいっぱいにして知らない間に泥のように眠って目覚めた新年の朝。

それでも私の唾液はアルカリ寄りの色を示しました。

睡眠がもたらす回復力ってすごいんですね。

・・・と、これがドラマ感・スペシャル感、共にゼロな

私の2015年のはじまり方。



ゴミが落ちてない!と専ら噂の路上はたしかにキレイ。

日本もこれぐらいのサイズとかわいさの看板

つくってみてはどうでしょうか。



そんなシンガポールもカウントダウン後の元旦の朝は

ゴミいっぱい落ちてました。

彼らも人の子です。



毎朝散歩した海岸沿い。

元旦の朝の太極拳サークルのみなさん。



ちょっと離れてひとり太極拳中のおじさん。

iPhoneを向ける私が気になったらしくチラチラ目開けてました。

集中してません。



シンガポールに住む人たちの私的な印象は「真顔で親切」。

笑顔はあんまりないけど意外とやさしくしてくれる。

ここでもみんな真顔で一見あんまりたのしくなさそうだけど

海辺でバースデイパーティ開催中。

あったかいなあ。



偶然ヨガスタジオをみつけたのでクラス受けてみました。

先生はスタート時間にやっと到着してそこから余裕で準備。

生徒さんもそのペースを知ってかそこから登場。

私にこれ以上「遅刻しても大丈夫」意識を植え付けかねない展開・・・

危険!もうやめてー!!!

香港のPURE YOGAもあったと後々知って行けばよかったと後悔。



メジャーなあのエリアにも一応足を伸ばしました。



つくりこまれた自然だけど

街全体として緑がすごく多くてちょっとうらやましい。



ここでは思わぬ展開で超私好みなものザクザク豊作!

歩けばインドの若者たちの記念撮影現場に当たる!事件。

彼らの独特のかっこつけ方とポージング・・・



そしてチェックは欠かさない。



かわいいものに座ってもかっこつける。



彼は個人的にこの日一番光ってたと思う人です。

片足を一歩前へ、が基本。

このイヤホンを装着するのは彼らの間で流行ってる様子。



一歩前へ、別バージョン。



そしてなんと!姿勢を低くしました。

この後、写真チェックしてサングラス外して彼は去りました。

ああ、なんて愛すべき印度。

新年早々愛おしいわ。



いろんな民族の撮影が奇跡の集結、の図。

そうそう、シンガポールは程よく民族が混ざり合ってるので

日本人の私とか外国人がいてもいい感じに同化してるというか

自分が目立ってない気がする場所でした。

中国語でもよく話しかけられたし。



買い物心を驚くほど掻き立てられなかったこの国ですが

あんまり騙してきそうな人の気配もないし

(行き先に寄って乗車拒否するタクシーは多いけど)

観光もあんまりがんばらずゆーっくりするのにはすごくよかった。



なのに、帰りにちらっと寄った香港。

空港から乗ったタクシーのおっちゃんがいきなり怪しさ満開、

シンガポール、なんて平和で素晴らしかったんやろう・・・!と

心が一気に中華圏防御モードに固まりました。



無目的に降り立った香港、

冒険しない私はまたLifeでお茶。

お茶の時間のメニューの味はもうだいたい制覇したと思います。



はじめてYOGI TEAのカップがあるのを知りました。

私「こ、これ、どこで買ったん??ほしい!」

お店の人「うーん、知らんし上司も知らんって・・・」

ということで謎に包まれたままですが

軽く調べたところ売り物じゃないんでしょうか・・・情報求ム。



あんなに真顔だけど誠実な人々の国でおみやげを買わず

ぼったくりタクシー運転手の住む国でおみやげを買ってしまうなんて。



RAWクラッカーも試しに。

帰国してからcoma-goma製といざ勝負。



香港madeの紅茶キノコ=kombucha、

その名もtaboo cha。

ビーツなどなどフレーバー各種あり。

生喫茶のメニューに出そうかなあ。



菜食バンザイ。

今年もゆるゆるRAW&加熱ベジタリアン

または現代生活適応型ローフーディスト

たのしくておいしい故の菜食

いろんな場所をモグモグめぐりたい。

そしてみんなに要らんと言われても一方的に

こちらでたまーに発信します。

どうぞよろしくお願いいたします◎


 
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ  にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:12 | category: |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://comagoma-blog.jugem.jp/trackback/314
トラックバック
Selected Entry
Recommend
Havana Style (Icons)
Havana Style (Icons) (JUGEMレビュー »)
Christiane Reiter,Angelika Taschen
Recommend
Profile
Comments
Mobile
qrcode
follow me on twitter
にほんブログ村
live earth
think the earth
Search this site
Sponsored Links