coma-goma

アロマとコスモとローフードのノマドサロン
coma-goma from 生駒△奈良
イベントなどへローフードとプチマッサージお届けします
生喫茶や&MARKETなどいろんなイベントときどき開催◯
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< HAPPY EARTH DAYレポート | main | 最近のプチマッサージ、報告と告知 >>
# 出雲バスツアー
 

少し前に行って来ました、出雲。

2度目の神の国。


今回は神様に会いに行くというより

出雲に生まれ育ったお友達を訪ねて。


大人気の深夜バスは大阪からの便が満席。

三ノ宮からのバスに乗り込み、空気の冷たい早朝に到着。

神話博というイベントをやっているとかで随分賑わっていた出雲。

この時間に来れたおかげで人も少なく落ち着いて神さまと再会できました。

やっぱりパワフルで、手を合わせているとぐるぐると目眩のような感覚が。

(まだ眠っていたのでしょうか・・・)


前に来た時はしめ縄に下から小銭を投げて挟む、という行為を

みんな有り難がってやっていたのに

今回は投げられないようにしめ縄が覆われていた・・・

投げたコインが他人のメガネに当たる、という事件があったそうです。

こうして風流な物事が失われてゆくのですね。

さて、この後は大社の近くの稲佐の浜に行ったんですが

携帯電話のバッテリーの命が僅かとなってしまい

写真を撮るエネルギー無し。

浜に突然大きな岩があってそのてっぺんに鳥居があるという

神話っぽさ満載のシチュエーション。

カヌーで日本一周をしているという男性がいて

テントにはそのブログを大々的に宣伝する大きな文字が。

そのブログ書く電力は一体どこから・・・?


少し離れて日御碕灯台。

僅かな命を振り絞って撮影。

どうしてこんなにいとも簡単に少し離れることが出来たかというと

お友達のおとうさんが有り難いことに車で案内してくださったのです!


曇り空と合わさってただならぬ雰囲気。

上にカリン様がいて仙豆をもらえそうです。

でも登りませんでした・・・


灯台裏の殺人事件現場になりそうな崖。

海が大好きなお友達のおとうさん。


そっくりすぎる父娘。

娘はお嫁にゆき遠く東京へ。


日御碕神社、の宮司さんの事務所。

なんだかキレイで素敵でした。


おみくじがだるまに刺さっている。

厄年女子×3人は見事に揃って末吉。

内、本厄の2人は文章まで同じ。

非厄年の地元っ子は大吉。

だるまは嘘を言わないようです。


最後の力を振り絞って狛犬好きの意地で狛犬撮影。

ちょっとロボット的なフォルム。


力尽きたので出雲そばの画像はありません。

おとうさんの導きで大社の近くの荒木屋というお店へ。

トッピングの卵、要りませんというと

代わりになめこおろしにしてくれて

とろろ+なめこおろし、という私の思い通りのかけ合わせに。

美味しいし優しいし古くて良い感じ。


お友達の実家のウサギ。

ライオンラビットという、毛のボリュームのすごい子で

鼻の上に鼻みたいな黒い斑点があるから、本物の鼻が口に見えます。


スピリチュアルなあの人も絶賛という須佐神社のご神木。

私はスピリチュアルでもなんでもない人間ですが

ここに近づくとふわふわの何かに押し返されました。

何かあります。


日本らしくない狛犬。


インドネシアみたい・・・

そんな須佐神社の駐車場の脇に小さな野菜の直売所みたいなのがありました。

こういう時につい重さのことを忘れて

買い物をしてしまうという習性があります。

食への執着が人一倍強いようです。


まずは黒豆、即決。


ちょっと迷った大量のイチジク。

大阪のイチジクよりも自然の中で鍛え上げられてきた、

という感じがしました。

実が引き締まってました。


これまた大量に袋に詰められたプルーン。

甘味がちょうど良くて実が大きくて今まで出会った中でベストプルーンかも。

重くても買っておいて良かった!

たまに甘くしたいのかどうか意思表示のはっきりしないプルーンがあるんだけど

島根のプルーンは意志もはっきり、しかも強すぎず弱すぎずの

程よく嫌味のない意思表示で好感が持てます。

これに加えてこれまた重量系、お豆腐まで購入・・・

でもこのお豆腐、すごく滑らかでとっても好みでした。

水切りをして味噌漬けにしたけれど

歯触りが、何と表現したらよいのか・・・

新雪を踏みしめるかのような・・・

とにかく、固めが好みな私には理想的でした。


最後に出西窯へ。

ぽってりとした温かい陶器がいっぱい。

引越しでもして食器を揃えたい衝動にかられます。


オブジェのように見えるしめ縄が素敵。


島根地方の魔除けらしい、こちらの飾りも素敵。

お友達の親戚の方が作っているとの情報を得たので

作っていただいてうちにも飾りたいと思います。

この辺りでは年末にはスーパーで売られているそうな。


ここのカップを使ってお茶も飲めます。

お茶をどこでどのように誰と飲むのか、これはとても重要なこと。

旅も同じ。

特に「誰と」が重要かな、と私は思います。

今回の旅も大成功。

遠くに行ってもまたこうして会ってお茶が飲めますように。

 にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
| comments(0) | trackbacks(0) | 18:59 | category: |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://comagoma-blog.jugem.jp/trackback/226
トラックバック
Selected Entry
Recommend
Havana Style (Icons)
Havana Style (Icons) (JUGEMレビュー »)
Christiane Reiter,Angelika Taschen
Recommend
Profile
Comments
Mobile
qrcode
follow me on twitter
にほんブログ村
live earth
think the earth
Search this site
Sponsored Links